男の洗顔本当はやらない方がいい事

水だけで洗う

朝の洗顔で冷たい水だけで洗っていませんか?
冷たい水で顔を洗えば目が覚めるし、
早くていいなどメリットもあります。

 

しかし水だけだと寝ている間に出た皮脂があまり落ちていないんです。
皮脂は油なので温かいお湯だと落ちやすいんです。

 

30度くらいのぬるま湯が理想です。
余分に分泌された皮脂をそのままにしておくと、
酸化して炎症を引き起こしたり、
黒っぽく見えてしまったり、ニキビが出来てしまうこともあります。

 

ぬるま湯で皮脂を落とした後に冷たい水で洗えば、
毛穴の引き締めにもなるし目も覚めるのでお勧めです。

 

 

何回も洗顔する

テカリやベタつきが気になって、1日に何度も洗顔をしてしまっていませんか?
皮脂は皮膚にとって必要なものなんです。

 

必要以上に残してしまうと酸化してしまいますが、
落とし過ぎるとかえって乾燥してしまいバリア機能を失ってしまうんです。

 

洗顔は適度にするという事が大事です。
皮脂を落とし過ぎると肌が乾燥してしまいます。

 

そうすると皮膚に潤いを与えようとして皮脂を過剰に分泌し始めるんです。
つまり洗顔のし過ぎがテカリの原因になってしまうことも。

 

洗顔は1日2回程度にしておきましょう。

 

 

洗顔料をそのまま肌に塗る

洗顔料を泡立てずにそのまま肌に塗ってしまってはいませんか?
ほとんどの洗顔料は手のひら等できめ細かい泡にしてから使うようになっています。

 

そのまま肌に刷り込んでしまうと刺激が強く肌を痛めてしまう恐れがあるんです。
皮脂や古い角質や汗などを落とすためにはしっかりと泡立ててから使うことが大事です。

 

手のひらで十分ですが、洗顔ネットというものがあり、
かなりきめの細かい泡を作ることが出来ます。

 

 

顔を洗う時に強くこすってしまう

洗顔するときに顔を強くこすってはいませんか?

 

性の多くは顔の汚れを落とそうとして力を入れてゴシゴシ洗って間違いだらけの洗顔をしてしまいがちです。
顔を強くこすると健康な角質層をはがしてしまい傷つけてしまいます。

 

肌の水分を蓄えたりバリア機能で守ったりしている大事な角質層をはがしてしまうと肌トラブルの原因にもなります。
洗顔後のタオルでゴシゴシこするのもNGです。

 

思っているよりも優しく洗い、タオルは押さえるように水分を吸わせましょう。

 

まとめ

  • ぬるま湯で洗顔する事
  • 洗顔は1日2回程度にする
  • 洗顔料は泡立ててから使う
  • 顔は強くこすらない

 

洗顔料は顔専用の物を使いましょう。
ボディーソープなどは洗浄力が強く、
顔には刺激が強いものが多くなっています。

 

洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで落としてしまい、
乾燥⇒皮脂の過剰分泌に繋がってしまいますので注意してください。

 

おすすめは男性用スキンケア商品の『ZIGEN』です。
洗顔や1本で全てのスキンケアが出来るオールインワンフェイスジェルがありますので是非チェックしてみてください。

 

 

トップページZIGENはどこで買える?